toggle
2011-11-03

「2011 Taiwan LGBT Pride」レポート

2011年10月29日(土)
第9回目開催の「台湾LGBTプライドパレード」に行って来ました。

アジア最大級といわれる台湾のLGBTプライドパレード。
去年2010年の参加者は約3万人!
この数字を聞くだけで規模の大きさが分かりますね。

今年のスローガンは「虹の戦い、差別をぶっ飛ばせ!」

NoviaNoviaは台湾LGBTプライドパレードは今回初参加。
14時からパレードスタートということなので、
一時間前の13時着で出発場所の「MRT台大醫院駅」に向かいました。

「MRT台大醫院駅」の改札を出て上がると、すぐ公園があります。
公園はもうすでにゲイ・ゲイ・ゲイ!LGBTだらけでした。

みんなパレードのためにさまざまな格好をして集まり、
仲間との待ち合わせや写真撮影を行ってました。


遠くからでも目立ってた葉っぱちゃん。アダムとイブでじゃなくて、イブとイブ?

お似合いのLカップル。

レインボー色のワンピース。

見渡す限りLGBTのワイワイ活気のある雰囲気に刺激され、
私たちも公園の出店でレインボーアイテムを購入し、身につけていざパレード出発場所へ。

ワンコもレインボーの装いです。

パレード出発場所は公園から徒歩5分弱の「凱達格蘭大道」。

私たちが到着した14時前はゲートの奥にスタートを待ってる参加者の方々が大勢!!

14時になり、いよいよスタート。
まず先頭は長い長いレインボーフラッグを持って。

そのあと思い思いのメッセージプレートを持ち、
それぞれの想いを込めたファッションでの行進が続きます。

 

レディガガも。

ゲイの方々は特に、日本からの参加者を本当に大勢見掛けました。
フロート中でもひと際目立っていた「バディフロート」。


みんなカッコよすぎる!とLチームも大絶賛でした。


パレード前夜にNoviaNoviaも遊びに行った台湾のCLUB「FUNKY」のフロート。

なんとこのスタート地点の門をパレード参加者が全員出発するだけで約1時間!
パレード参加者の行列が途絶えません。


ずっと続く虹色の行列。

台湾LGBTプライドは、集合場所からパレードの間中も、とにかく笑顔が多かったのが印象的でした。
自分の思いを主張すること、思い思いの格好をすること、その全てを皆が楽しんでいるのが伝わって来ました。
この笑顔の多さ、明るい雰囲気が、毎年参加人数が増えていっていることに繋がっているのだと思いました。
(2011年の参加者人数は、主催者発表によるとなんと約5万人!)

世界中から様々なセクシャリティの人々が集い、セクシャリティの多様性を考え、互いのセクシャリティを認め合う「台湾LGBTプライドパレード」。
2012年の開催が今から楽しみです。

皆さんも友達や恋人と旅行計画を立て、是非参加してみてはいかがでしょうか。


【公式サイト】
コチラ

【2011台湾LGBTプライドパレード経路】

■西路線:凱達格蘭大道→公園路→襄陽路→重慶南路→衡陽路→中華路一段→漢口街一段→館前路→忠孝西路一段→公園路→常德街→中山南路→凱達格蘭大道
■東路線:凱達格蘭大道→信義路一段→金山南路二段→和平東路一段→羅斯福路一段→中山南路→凱達格蘭大道

※参加人数の多さから、今年は初めて二つの経路に分かれて歩きました。


関連記事