toggle
2015-07-11

第24回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

雨が多く家にこもりがちなこの季節。
街で映画をじっくり鑑賞する時間はいかがですか?

今年も7月11日(土)〜20日(月祝)の10日間、
シネマート新宿とスパイラルホールにて、
「第24回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開催されます。

1992年に中野の会議室で第1回を開催して以来、回を重ねるごとに規模が拡大し、
上映作品も話題となる中、今や来場者数は7000人を越えるほどに成長しました。
レズビアンとゲイだけでなく、トランスジェンダー、バイセクシュアルなど、
様々なジェンダーやセクシュアリティについての作品上映を通じて、
より多様で自由な社会を創出する場となることを目指すとともに、
劇場公開される機会が多くないLGBTをテーマとする国内外の作品を紹介することで
映像文化創造に貢献することを趣旨としています。
映画祭の名前とは裏腹に、来場客の1/3はヘテロセクシュアル(非当事者)で、
セクシュアリティに関わらず広く楽しんでいただける映画祭になってきました。

今回も映画祭では国内外から選出された、セクシュアル・マイノリティをテーマとした最新作が上映されます。
なかには、映画祭以外では観られない作品も少なくありません。
今年上映される14プログラムも、その多くは日本初公開です。

Novia Noviaの注目作品を、いくつかご紹介します。

In_the_Absence_of_the_Sun_08_520

絶えず変化する大都会ジャカルタ
女たちの愛と性をめぐる一夜の冒険
32歳のギアは長年のニューヨーク生活を終えて故郷のジャカルタに帰国したばかり。同性愛者を受け入れないこの街に失望して留学したギアだったが、ニューヨークで恋人同士だったナオミと再会し、かつての希望に満ちていた日々を取り戻そうとする。傷つきながらも愛を求める20代、30代、40代のヒロイン3人の一夜を描いた群像劇。巨大な“コンクリート・ジャングル”ジャカルタが、彼女たちを時に冷たく、時にやさしく包み込む。

邦題:太陽を失って
英題:In the Absence of the Sun (原題:Selamat Pagi,Malam)
監督:ルッキー・クスワンディ
2014|インドネシア|94 min|インドネシア語


candyboys_main02_520

広田レオナの世界観で彩られる
「白鳥の湖」をベースに作られた、美しき男たちの真実の愛の物語

男ばかりの“EDOワンダーランド”。EDO随一の美しさを誇る男花魁・白鳥太夫は、大衆人気No.1のキャンディーボーイ・フリ松と恋に落ちる。しかし恋愛禁止令が発令され、EDOの町に奇病が流行る・・・。3大バレエ作品の一つ「白鳥の湖」をベースに、美しき男たちの絢爛豪華な恋愛映画が誕生した。今注目の若手俳優たちのほか、竹中直人、吹越満らの共演陣、桃井かおりのナレーションも刺激的。監督・広田レオナの美意識に貫かれた世界観を堪能して欲しい!

邦題・原題:お江戸のキャンディー
監督:広田レオナ
2014|日本|79 min|日本語


boymeetsgirl_Still009_520

この気持ちって友情? それとも恋?
迷える人にささげるリッキーの人生応援歌
リッキーは田舎町で服飾デザイナーを夢見るトランスジェンダーの女の子。幼なじみの男友達ロビーとは固い絆で結ばれている。ある日、リッキーはフランチェスカという美女と出会って意気投合。ロビーの心配をよそにリッキーはフランチェスカとの仲を深めていくが、兵士として戦地に派遣されていたフランチェスカのフィアンセが帰国して…。各国の映画祭を笑いと感動で包み込んだ傑作ロマンティック・コメディ。

邦題:ボーイ・ミーツ・ガール
英題:Boy Meets Girl
監督:エリック・シェーファー
2014|アメリカ|95 min|英語
日本初上映


 

◆開催概要◆
【期間】2014 年 7 月 11 日(土)~20 日(月祝)全 10 日間
(7月11~17日@シネマート新宿 / 17~20日@スパイラルホール)

【会場】シネマート新宿(東京都新宿区新宿3-13-3)
スパイラルホール(東京都港区南青山 5-6-23 3F)

【主催】東京国際レズビアン&ゲイ映画祭運営委員会

WEB:http://tokyo-lgff.org
Twitter:@TokyoLGFF
Facebook:TokyoLGFF


関連記事