toggle
2016-07-08

7/9~18、「レインボー・リール東京 ~第25回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」が開催されます

7月9日(土)~18日(月・祝)の10日間、シネマート新宿とスパイラルホールにて、
「レインボー・リール東京~第25回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」が開催されます。

FIXED_Flier

「レインボー・リール東京」、聞きなれないなと思いましたか?
「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」と聞くと、毎年観に行っている!など、
ご存知の方も多いと思います。
国内外から選出された、セクシュアル・マイノリティをテーマとした最新作を上映し、
今年で25年目の節目を迎える、伝統ある映画祭が、これを機に
「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」から「レインボー・リール東京」へ
名称も新たに開催されることになりました。

会場は、シネマート新宿(新宿)と、スパイラルホール(青山)。
この2会場で10日間にわたり、海外の映画祭で話題となった、
セクシュアル・マイノリティをテーマとする
珠玉のドラマやドキュメンタリー、全13プログラムが上映されます。

スパイラルホールでは、Novia Novia magazineがお買い求めいただけます!是非この機会にお手にとってみてください。

上映される作品の多くが日本初上映で、この機会を逃すと
なかなか観られない作品もあり、毎年楽しみにしている観客が多い理由のひとつです。

見応えのある作品が多い中で、NoviaNoviaが観てみたいなと感じた作品を
3本ご紹介します。

 

■あの子は私の初恋 ★日本初上映

英題:First Girl I Loved
監督:ケレム・サンガ
2015|アメリカ|91分|英語

【フラッシュバックで描かれる 17歳の少女の自分探しの日々】

高校のソフトボールチームのエース、サーシャにひと目惚れしたアンは、イヤーブック用のインタビューを申し込む。2人の心は近づいていくが、密かにアンに恋をしていたアンの親友クリフトンが2人の仲を知り、いびつな三角関係に発展する。
『アンブレイカブル・キミー・シュミット』のディラン・ゲルーラと『デッドプール』のブリアナ・ヒルデブランドのフレッシュな共演に注目。
2016年サンダンス映画祭NEXT部門観客賞受賞。

FirstGirlILoved_Promotional_Still_AN_CL_stairsFirstGirlILoved_Promotional_Still_AN_field

 

■サマータイム ★日本初上映

英題:Summertime/原題:La Belle Saison
監督:カトリーヌ・コルシニ
2015|フランス、ベルギー|105分|フランス語

【70年代フランス。輝く季節の中で 彼女たちは出会い、恋に落ちた】

時は1971年。農家の一人娘デルフィーヌは保守的な両親から自立するため、パリへやってくる。そこでデルフィーヌは女性解放運動を率いるキャロルに出会い、彼女の自由な精神に惹かれていくが…。
ウーマン・リブの時代を背景に女性たちの恋を描き、2015年ロカルノ国際映画祭でヴァラエティ・ピアッツァ・グランデ賞を受賞。『スパニッシュ・アパートメント』のセシル・ドゥ・フランスがカリスマ的なアクティビストを好演している。

_BS13511_BS16646

 

■ハイヒール革命! ★世界初上映

英題:High Heels Revolution!
監督:古波津陽
出演: 真境名ナツキ、濱田龍臣、藤田朋子、西尾まり
2015|日本|73 分|日本語
※監督・出演者による舞台挨拶を予定しています。(都合により登壇者の変更・中止になる場合があります。)

【男の子から女の子に生まれ変わった 真境名ナツキの過去と現在を追う、型破りなドキュメンタリー&ドラマ】

トランスジェンダーの真境名(マジキナ)ナツキ。中学では教師たちから抑圧され続け、「男なのに」と同級生からもバカにされた。温かい家族の愛に支えられながらも、「性同一性障害」という言葉だけでは到底片付かない苦難の道が続く。十代の終わりに決心した大きなリスクを伴う危険な手術。コンプレックスをいかにして自分らしさに変え、どう生まれ変わったのか。
ナツキや家族への取材に基づく、濱田龍臣や西尾まり、藤田朋子ら豪華俳優陣による再現ドラマパートは必見!

メイン『ハイヒール』サブ4

25年目を迎え名称も新たに、カルチャーを発信し更にスケールアップしていく「レインボー・リール東京」。
お目当ての映画を見つけて、ぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

schedule_spiral_hall

schedule_cinemart_shinjuku

■チケット情報
・1回券(日時指定券) 前売り:1,400円/当日:1,700円
・4回券(日時指定なし・前売り限定) 5,200円
※スパイラルホールでの上映回のみ使用可。シネマート新宿での上映回にはお使いいただけません。
・スパイラルパス引換券(限定100枚) 前売り:13,000円/当日:15,000円
※スパイラルホールでの上映回すべてをご覧いただけるフリーパスです。
【Pコード】
・1回券(シネマート新宿上映回)  555-659
・1回券(スパイラルホール上映回) 555-658
・4回券・スパイラルパス引換券 466-783

■購入窓口
・前売り購入窓口:チケットぴあ、スパイラル「MINA-TO」、ルミエール
※シネマート新宿での前売り券の発売は⾏っておりません。
・当日購入窓口:
①シネマート新宿会場内映画祭受付(各日18:20〜)
※シネマート新宿のチケット販売窓口では当映画祭のチケット発売は行っておりません。
②スパイラルホール会場内映画祭受付
【チケット問い合わせ先】
・ホームページ内問い合わせ contact01@rainbowreeltokyo.com
・チケットインフォ:070-1404-5368(平日:19時〜21時、土日祝:13時〜18時、映画祭開催中)
折り返しお電話をご希望される⽅は、番号を通知の上お電話下さい。

公式サイト : http://rainbowreeltokyo.com/

Twitter:http://twitter.com/RRT_TILGFF

Facebook:http://www.facebook.com/RainbowReelTokyo


関連記事