toggle
2013-04-27

L interview vol.12

Novia Novia magazine vol.2 」でインタビューさせて頂いたAiさん。
Aiさんが、通っている青山学院大学にセクシュアルマイノリティサークル『Betty』を立ち上げられました。
今回はそのサークルを立ち上げたきっかけや想いなどについてお話を伺いました。

●サークルを立ち上げようと思ったきっかけは?

サークルを立ち上げようと思ったきっかけは、やはりGLOW(※早稲田大学のセクシュアルマイノリティのサークル)でした。
浪人時代、自分がビアンだと気づいてから、色んな大学にセクマイのサークルがあることを知ったのですが、残念ながら自分の学校(青学)にはなかったんです。
なので、インカレだった早稲田大学のGLOWに入ったのですが、やはり自分の大学にもセクマイのサークルがあればいいなーとずっと思っていたので、自分で立ち上げることにしました。

●サークルを立ち上げるにあたり、苦労した点はありましたか?

私、本当にアナログな人間で機械音痴なので、HPなど自分で作ることが出来なくて…そのため広報活動も中々進まなかったのが、一番苦労した点ですね。
HPは無事友だちに作ってもらったのですが、今でも人がなかなか集まらないので大変です。
また、青学は大学公認のサークルでないと学内に掲示などが一切できないので、そこが今の悩みです。

●どんなサークルにしていきたいですか?

あまり硬すぎない、青学のセクマイの子の“憩いの場”になれるサークルにしていきたいな、と思っています。
コミュニティ的なものにするのが理想です。毎月イベントをやって、他大学と交流会をして…そのうち人数が増えれば、GLOWの様に学祭で何か出来れば素敵ですよね。
そして、長く続いていってほしいなと願っています。セクマイのサークルは潰れてしまいやすいので…。やはりこういうものは長く続かないと意味がないと思うんですね。
いつかOB・OG会が出来るくらい、縦のつながりもしっかしりしたものになればいいなぁと思っています。
そのために、私が卒業してしまっても、しばらく「Betty」のサポートはしていくつもりでいます。“後輩も出来て、代表が変わったから、「はい、バイバーイ。後は知らない。」という風にはしたくないですね。

●読者の方々に一言

この記事を読んでくださっている方で、青学の方は是非ご連絡ください♡!
または、青学の知り合いのいる方は、「サークルあるらしいよ」と伝えてください!!
メンバーは随時募集しています!
居心地のいい、楽しいサークルにするのでよろしくお願いします!

Aiさんのセクシュアリティの気付きやカミングアウトなど、詳しいインタビューは「 Novia Novia magazine vol.2 」に掲載中です。
また、日本のセクシュアルマイノリティに関するサークルガイドも載ってるので、学生の方は是非チェックしてみてくださいね。

サークル公式HPは【コチラ】
Twitterアカウント名:@aoyamabetty


関連記事