toggle
2015-06-26

LUSHが「#GAYISOKゲイイズオーケキャンペーン」を世界42ヵ国で実施中です

フレッシュハンドメイドコスメブランドのLUSHが、
2015年6月25日から7月5日の期間、世界42カ国、825店舗で
LGBTを含むセクシュアルマイノリティの人権を守り、
誰もが平等に愛する権利を得られる社会を目指すことを目的に
「#GAYISOKキャンペーン」を実施しています。

IMG_0049

このキャンペーンでは、
「#GAYISOK」とデザインされた限定ソープ(名称:愛する権利 120g/650円税込)を
世界の店舗とオンラインサイトで販売し、売り上げの全額をLGBTに対する人権・権利侵害に対してアクションを起こす世界中の草の根団体に寄付するそう。

また、店舗では「もしあなたが誰かを愛することが犯罪だとしたら?」とお客様に問いかけています。
なぜ「人を愛することが、誰もが持つべき平等な権利であるのか」と思うコメントと一緒に、限定ソープ「愛する権利」を手に持ったセルフィーを「#GAYISOK」のハッシュタグをつけてSNSで発信することで、愛する権利を応援する声を世界中に届けることができます。

この限定ソープ「愛する権利」を、Novia Noviaでも早速手に取ってみました。
ハンドメイドであることが伝わる、LUSHならではのすこしごつごつとしたソープは、金の雲母でキラキラ。そして表面には大きく今回のキャンペーンのハッシュタグ「#GAYISOK」がかたどられています。
このハンドメイドソープに配合されている香りは、レモングラスとベルガモット。一日リビングにおいていたのですが、そのさわやかな香りがお部屋中に広がり、思わず深呼吸したくなるほどでした。石鹸として使うのがもったいなく感じてしまいます。
皆が当たり前に呼吸をすることとじように、誰かを愛することも当たり前です。それを何者かが侵害する権利なんてないはず、Novia Noviaはそう思います。

IMG_0042

皆さんもぜひこのキャンペーンに参加して、愛する権利について発信してみてはいかがですか?


関連記事